ダサカッコ悪い!

「ダサカッコ良い!」では,一見ダサいのになんかカッコ良い,最初はえっ?と思うけど見ているうちに忘れられなくて好きになる,カッコ悪さのカッコ良さ,というものをご紹介しました。

また,私の最近のブログをご覧になっている方は,不人気車を勧めてるって思うことでしょう。

しかし,一見ダサいのに見れば見るほどカッコ悪く,だんだん気持ち悪くなってきて,吐きそうになる,そんな車も存在します。(笑)

ダサカッコ良い!に対抗して,そういうダサカッコ悪い車を紹介しましょう!(-_-;)



まず筆頭は,絶対に誰も異議を唱えない!(多分)

スバル・インプレッサ・カサブランカです。パチパチパチパチ…。(笑)

画像を見れば,説明の必要はないでしょう。

皆が納得ぅ!(笑)

確かに,当時はクラシック調が流行ったんですよね。

メッキグリルとメッキバンパーと丸目ライト付ければ売れる…って?,考えが甘すぎます。

流石にこれはないでしょう!



お次はこちら。

Will Viです。

トヨタが造った車で,ベースは初代ヴィッツです。

確かに斬新なデザインではあります。

かぼちゃの馬車がデザインコンセプトだそうなんですが,斬新を通り越して奇抜になっちゃいましたね。(笑)

この形がお好きな方はどうぞ…。(-_-;)



次は,「ダサカッコ良い!」や「判官贔屓とは?」に出てきてもおかしくない車なんですが…。

ウーパールーパーです。(笑)

もとい,フィアット・ムルティプラです。

どこから見ても,異様なデザインです。

3シート×2列なので,フロントに3人座っているところを前から見ると,更に異様です。(笑)

ただし,この車は実は日本では人気で,エンスーな方々が結構乗っていました。

実は,私も欲しかった車なんです。(笑)

ところが,なんと,突然ビッグマイナーチェンジしちゃったんですよ。(驚)

こんな普通な車になっちゃったんです。(-_-;)

お察しの通り,日本では旧型(変な方)が人気が出て(あくまでエンスーな方々の間で),中古相場が上がっちゃいました。

変なデザインで通していれば,私もこの車を「ダサカッコ良い!」で紹介したんですが,メーカーが非を認めてデザイン変更しちゃったんですから,メーカー公認のダサカッコ悪い車ってことになっちゃいましたよね。(笑)

とっても残念です。

この車の魅力はデザインだけではありません。

3シート×2列のシート配置はとっても優秀で実用的なんです。

ミニバンの3列シートは,1列目と3列目の人が話す時に大声出さないと聞こえませんが,これなら6人でわいわいがやがやと楽しく移動できます。

家族の場合はお年頃の子供たちはどうせ親と会話せずにイヤホンで音楽聴いてますから問題ないですが,友人たちと旅行に行く時は,このシートレイアウトは盛り上がりますよ〜!(^^)

色んな使い方ができますね。

ホンダがこれの真似をしてエディックスっていう車を出しましたよね。(日本のメーカー得意のマネカー)(笑)

初代ムルティプラもこんな変な車でした。

初代の変さを継承するという点でも,マイチェン前のウーパー君の方が良かったのにね。(笑)



次は,世界中で売れまくっている車なんですが,私がダサカッコ悪い(吐きそう)と思っている車です。

ご存知トヨタ・プリウスです。

大勢の人が乗っているプリウスをダサカッコ悪いと言うと敵を沢山作ることになってしまいそうですが,勇気を出して,大きな声で言わせていただきます!(笑)

プリウスって,新型になればなるほどカッコ悪くなりますよねぇ。

それに,車だけでなく,乗ってる人も普通ではない人が多くないですかぁ?

高速でも一般道でも何キロ出してるんだ?っていうやけに飛ばしているプリウス,追い越し禁止の道路で平気でごぼう抜きするプリウス,後ろからあおってくるプリウス,交差点を曲がり始めてからウインカーを出すプリウス,そろそろ出すかな?と思っていると結局最後までウインカーを出さずに曲がっていくプリウス,直進も右折もできる右側の車線にウインカー出さずに停まっているから後ろにつけたら信号が青になった途端に右折のウインカーを出すプリウス,プリウスなのにマフラー替えたりエアロ着けたりしてるプリウス,ブレーキとアクセルを踏み間違えるプリウス,……挙げればキリがありません。(-。-;

数が売れているからそういう人が目立つんだと言う人もいますが,ちょっと前にカローラが最も売れていた時代,カローラは悪目立ちしてなかったですよねぇ。

やっぱり,プリウスには何かあるんだと思いますよ〜。(呪い?)(笑)

という訳で,プリウスに乗っている真面目な方には大変恐縮ですが,プリウスのイメージは最悪で,「プリウスに乗る」ということ自体が,カッコ悪いことになってしまってるんです。

プリウスを見ると,吐き気がして,なぜか敵意まで感じるのは私だけでしょうか?(爆)



ダサカッコ悪い車は,実はまだまだあるのですが,最強のプリウスが出てしまいましたので,今日のところはこの辺にしておきましょう。

私は個性を重んじるので,「個性的」であることはネガティブな要素ではありません。

デザイナーや造り手の主張やこだわりを感じると,カッコ悪いデザインもカッコ良く見えてきて,ダサカッコ良くなります。

一方,なんのこだわりもない,ただの何かの真似,そんなデザインは,どんなに個性的でもダサカッコ悪いです。

乗っている人の素行が悪いと,プリウスのように車そのもののイメージにまで影響して,ダサカッコ悪くなってしまいます。


これって,良く考えると,人間にも同じことが言えますね。

決して美男美女がカッコ良い訳ではありません。

その人の中身と生き方が,カッコ良さに繋がるのです!

主張とこだわりですよ!

何かを真っ直ぐに見て脇目も振らない…それがカッコ良いんです!

ダサい人がこれをやると「ダサカッコ良い!」になります。

実は,普通にカッコ良い人よりもダサカッコ良い人の方が数倍カッコ良いんです!

本当ですってば!(笑)

特集記事
タグから検索
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square