BMW K1200RS

4気筒エンジンのBMWです。

ボディは大きいですが、走り出すととっても軽快で速いです。

直列4気筒エンジンを横倒しにして積んでいるので、アクセルあおると車体が横に振られます。

ボクサーエンジンが得意なBMWは、4気筒エンジンも普通に積んだんでは満足できず(?)、ピストンの動きがボクサーと同じになるように横倒しにしたとかしないとか…。

しばらくエンジンかけないとオイルがヘッドの方に回るので、かけ始めは白煙が出ますが、特に心配はいりません。

このバイクの凄いところはサスペンションです。

テレレバーというBMW独自のサスペンションは秀逸です。

何と、コーナーでバンクさせながらブレーキをかけてもバイクが起き上がらないんです。

…ということは、どういうことかと言うと、オーバースピードでコーナーに突っ込んでも、コーナリングしながらブレーキングして減速できるということです。

普通は、初めて走るブラインドコーナーだと、その先どうなっているか分からないので、手前で十分減速してからコーナーに入り、じっと我慢して、出口が見えてからアクセルを開ける…という走り方をする訳ですが、このバイクの場合は、完全にオーバースピードと思えるスピードのままコーナーに突っ込んじゃえるんです。

なので、他のバイクはついてくることはまずできません。

速い速い。

信じられないペースで走ることができます。

しかも、疲れません。

疲れないのは、ポジションが楽とか、エンジン特性がツーリング向きとか、そういうこともあるかもしれませんが、一番は精神的に疲れない故です。

目を三角にせずに、気楽に速く走れるんです。

シートの高さ、ハンドルの高さ、ステップの高さなど、体型に合わせて調整できるところも、BMWならではです。

実は300Kg近い巨体なのですが、重さを全く感じさせず、ひらひらと走れます。

RSの名は伊達ではありません。

良いバイクですよ~。


特集記事
タグから検索
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square