Sクラスのロングボディーについて

メルセデスベンツのSクラスにはロングボディ―とショートボディーがあります。

両方に需要があるからどちらも作っています。

現行型には、マイバッハプルマンなどというリムジンがありますが、実は以前からストレッチリムジンも正規輸入されていました。

W126の頃は、ロングボディ―(SEL)の方が標準で、ショートボディー(SE)は一部の人が乗っているというイメージがありました。

…が、W140やW220からは、ショートボディーを「標準ボディー」と呼ぶようになり、ロングボディ―の方が、一部の人が乗る…というイメージに変わってきました。

実際、W126ではSELの方がカッコ良く、SEは何となく寸詰まりな感じに見えましたが、W140やW220では、標準ボディーがカッコ良く見え、ロングボディーは間延びした感じに見えます。

W220にいたっては、ロングボディーはボディー剛性に問題があることもあって、標準ボディーの方が圧倒的に人気があります。

しかも、Lのリヤは2人乗りの設計ですので、リヤに3人乗ると横方向が狭くて困ります。

やっぱりLはショーファードリブンカーなんですね。

W126で14cm、W220で12cmしか違わないんですけど。

どっちがSELでどっちがSEだか分かりますか?

こちらはクーペのSECです。

めっちゃカッコ良いですね。

リムジンは、やっぱりベンツよりキャデやリンカーンの方が似合うかな?

ほらね、キャデラック・ブロアムのリムジン、カッコ良いでしょ?

こちらもブロアムですが、ひとつ前の型です。

私はこっちの方が好みです。

これくらいのストレッチなら、実用にも使えそうですね。

ん~、やっぱカッコ良いなぁ。

こちらはリンカーン・タウンカーのリムジンです。

何て素敵なんでしょう!

マイバッハ・プルマンは別格ですね。

はい、こんな感じです。

カッコ良過ぎです。

まぁ、8,800万円ですので…。

値段聞いたら、どんな形でもカッコ良く見えますって。(笑)

こちらは、1965年式のマイバッハ・プルマンです。

プルマンは、マイバッハの伝統的な車なんですね。

今見ても惚れ惚れする美しさです。

カッコ良いという表現では言い尽くせません。

敬意を表したくなる存在ですね。

特集記事
タグから検索
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square