DUCATI 900SS

この型のSSこそSSらしいと思うのは私だけではないと思います。

ハーフカウルとフルカウルがありましたが,私は軽快なハーフカウルを選びました。


デスモドロミック機構は素晴らしいですね。

バルブの開閉にスプリングを使っていないので,スプリングによるパワーのロスやフリクションがありません。

バルブサージングの心配もありません。

ドカのLツインエンジンのアクセルレスポンスの良さと,どこまでも回っていくかのような回転の伸びの秘密は,この独特のバルブ機構にあります。

本当に気持ち良いです!

そして,まるでシングルエンジンのようなヒラヒラ感も,Lツインエンジンの美点です。

このバイクで峠を走ると,運転が上手になったような錯覚に陥ります。

バイクを深くバンクさせて,腰を落として膝を出し,腕の力を完全に抜いてバイクの旋回性に任せてコーナーを抜けると,バイクと一体になったような快感を味わえます。

まっすぐ走っている時はちょっときつく感じるライポジも,そんな走り方の時は俄然生きてきます。

こちらはモンスターS4です。

同じデスモドロミックのLツインですが,水冷になります。

パワーは水冷の方が圧倒的にあるんですが,やっぱり空冷の味の方が魅力的ですね。

両方乗ると,水冷と空冷の違いが良く分かりますよ。

私は空冷派です。

特集記事
タグから検索
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square