C200(W202)

W202のC200です。

この前のW201は,いわゆる「コベンツ」と言われた190になります。

190は,ベンツが作った初めての小型車ということで,ベンツも本気でした。

と言うか,実は小型車の作り方が分からなかったんですよね。

それで,大きいベンツをそのまま小さくしただけの車が出来上がりました。

なので,190は完全なオーバークオリティー車でした。

本来,シャーシはエンジンとのバランスを考えて作られるのですが,エンジンは小さいのに,シャーシは大きなベンツと一緒のクオリティーなのですから,そりゃあアンバランスというものですよ。

そして,2速発進のミッション設定まで大きいベンツと一緒だったので,遅い遅い!

加速は,完全に軽に置いて行かれました。

ただ,ダッシュボードやドア内張りにプラスチックじゃなくて革が巻いてあったり,本物の木を使ったウッドパネルだったり,ヤシの繊維を使ったシートだったりと,大きいベンツと同じ作りだったので,皆大喜び。

190は今でも高値で取引されています。

…で,このW202はどうなんでしょうか?

ベンツも徐々にコストダウンをするようになるのですが、W202はぎりぎりセーフというか,コストダウンの波が来るちょうど狭間というか,まだ「最善か無か」の方に傾いている車と言えます。

シートはW202まではヤシの繊維を使っています。

このシートが絶品なんですよ。

実はSクラスよりC200の方が長距離疲れないんです。

それはこのシートのおかげです。

ワイパーは190と同じ,伸び縮みするやつです。

ベンツの拘りですよね。

古くなるとこれが壊れるんですが、ほとんどの場合はグリスアップで直ります。

W203になると,見えない部品のコストダウンが酷く,有名なエアコンのカチカチ音など,故障のオンパレードになるのですが,W202は故障少ないです。

最も壊れないベンツとも言われます。

実は私,W202が新車で売られてた頃に,新車で買って乗ってたことがあります。

で,つい最近も,6万キロ代の程度の良い車を見つけたので,つい懐かしくて買っちゃいました。

20年以上前の車になるのですが,何と,新車で乗ってた頃と同じ乗り味でした。

ベンツは,ちゃんとメンテナンスすると,新車の時の乗り味をず~と保ってくれるんですよね。

最近の電子制御のベンツはどうなんでしょう?

ちょっと心配な今日この頃です。

このW202は,ヤフオクに出す前に,友人が購入してくれました。

愛着のある車だったので,知り合いに譲れてよかったです。

時々姿を見られますしね。


追記:

その後友人から報告を受けました。

譲ってからしばらくは調子良く乗っていたようですが,その後…

①天井内張りが垂れてきた!

  →完全には垂れ下がっていないので気にしない(笑)

②スピードメーターが動かなくなった!

  →どうせ普段から見ないから気にしない(笑)

なかなか強者の友人です!(笑)

ところが…

③エンジン不調!

  →これは流石に困る。

アイドリングが不安定,エアコンつけると吹けなくなる,などの症状とのことで,私が付き合っているヤナセを紹介して診てもらいました。

原因はエンジンハーネスの劣化でした。

エンジンハーネスは,エンジン周りのいわゆる電気配線です。

それが束になっていて,各接続部にコネクターが付いているだけの簡単な部品です。

これがなんと,200,000円以上するのです!

海外のアフターパーツ造っているメーカーの物なら送料入れても70,000円ほどで購入できるのですが,左ハンドル用しかありません。(泣)

エンジンハーネスはただの細いコードの集まりですので,自作できないことはないんですが,かなり暇で根気強い人でないと無理!

「自作してくれる」という車屋をネットで見つけて預けたら,なんと手をつけずに1年近く放置されてしまったそうなんです。(雨晒しで)

当然,車は傷んでしまい,見るに耐えない状態になってしまったとのこと。

ということで,友人はショックで諦めてしまい,廃車にしてしまったそうなんです。

…という,とっても残念な結果になってしまいました。(汗)

せめてヤフオクでアルミや綺麗なパーツを売ってお金にしてあげようと思ったら,もう解体屋に全部まとめて持っていってもらっちゃったとのこと。

W202も,もうクラシックカーの一員です。

結構安いので気軽に手に入れる方も多いと思いますが,こういうリスクがあることを肝に銘じなければいけないと,学ばされる出来事でした。

「ちょっと古い」を通り越したネオクラシックカーは,安くて程度良いと触手が動くと思いますが,壊れることを覚悟して,リスクも含めて検討しなければいけないですね!

購入する前に,記録簿を見て,これまでにいつどんな修理や整備をしてきたかをチェックすることは必須です。

記録簿がない車は「不可」です。

ヤフオクの場合,質問に答えなかったり答えが曖昧な出品者は,まず何か隠していると疑いましょう。(「ヤフオクでの車の購入について」もご覧ください。)

記録簿に書かれていないことは,購入後すぐに壊れるかも知れない,もし壊れるといくらかかる,その修理費を含めても「買い」かどうか…と良く考えましょう!

その際,頭の中で「よ〜く考えよう〜,お金は大事だよ〜♫」という昔アフラックのCMで矢田亜希子が子供たちと一緒に歌っていた歌をBGMに流しましょう!(爆)

タグ:

特集記事
タグから検索
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square